20代におすすめのオールインワン化粧品

20代のオールインワン化粧品の選び方のポイント

肌を甘やかさないという意味でも、20代ではなるべくシンプルなスキンケアを心がけたいものです。そういった意味で、オールインワン化粧品を選ぶと、ケアが過剰になり過ぎることがありません。

  • とにかく保湿を優先する
  • 30代を見据えたシミ予防
  • 使う化粧品をコロコロ変えない
  • 継続できる価格のものを選ぶ
  • プチプラコスメは粗悪品も多い

とにかく保湿を優先する

20代のオールインワン化粧品は、保湿重視のものを選べば間違いありません。20代のうちに、基本の保湿をしっかり行っておくと、30代以降のお肌に差が出てきます。

シンプルなスキンケアというオールインワン化粧品の利点を活かしつつ、保湿力の高いものを選んでいきましょう。

20代におすすめの保湿成分

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸

30代を見据えたシミ予防

20代のうちは、まだお肌の表面に現れてきませんが、肌の内部では着実にシミの元が育っている状態です。

日焼け止めによる紫外線対策を行いつつ、20代からシミ対策をしていくことで、30代以降にシミが表面化してくるのを防ぐことが出来ます。

そのためにも、シミの原因になるメラニンの生成をブロックしてくれる成分を取り入れていきましょう。具体的には、下記のような美容成分が効果的です。

20代におすすめの美白成分

プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノン

使う化粧品をコロコロ変えない

お肌に合わないものを長く使う必要はありませんが、理由もなくコロコロ使用する化粧品を変えてしまうと、それが肌の負担となってしまうことがあります。

この、頻繁に化粧品を変えるのは、特に20代の方に多く見られるので、もし思い当たることがあるなら、1つの化粧品を長く使うようにしてみて下さい。

継続できる価格のものを選ぶ

しっかりスキンケアしていくためにも、長期間使い続けられる価格帯のものを選びましょう。

オールインワン化粧品に費やせるコストは、人それぞれだと思いますが、1,000円台後半~5,000円以上のものまで、幅広く販売されています。

ご自身のお財布事情に合わせて、無理のない価格のものを選ぶことが大切です。

プチプラコスメは粗悪品も多い

オールインワン化粧品の中には、数百円で買えるプチプラも多いですが…。成分のほとんどが水だったりと、品質の良くないものもあります。

継続できる価格のものを選ぶことが大切と書きましたが、値段の安いオールインワン化粧品には、安いだけの理由があるので、注意が必要です。1,000円以下のオールインワン化粧品は止めておきましょう。

20代に多いお肌の悩みとおすすめの美容成分

20代は、比較的お肌が安定しているので、大きな肌トラブルが起きにくい年代です。しかし、ストレスや睡眠不足によるトラブル。また、インナードライが原因でニキビになることも。

お肌の調子の浮き沈みはあるものなので、お肌に合ったスキンケアを心掛けましょう。

ニキビの悩みにはグリチルリチン酸

20代はホルモンバランスの関係でニキビができやすくなることも。ニキビケアするなら、抗炎症作用を持つグリチルリチン酸が配合されているオールインワン化粧品を選びましょう。

皮脂が出やすい人はオイルフリーがおすすめ

脂性肌の方は、ゲル(ジェル)タイプのオールインワン化粧品との相性が良いです。なかにはオイルフリーのものもあるので、皮脂が出やすい人におすすめです。

20代におすすめのオールインワン化粧品ランキング

2018年12月9日更新

メディプラスゲル

  • 容量:180g(約2ヵ月分)
  • 初回:2,996円

コスパ抜群!66種類の美容成分が1本に凝縮

低価格にも関わらず、3種類のセラミド、プラセンタ、コラーゲンなど、定番の美容成分がギュッと凝縮されています。

みずみずしい使用感で、保湿力が高く、それでいてベタつきも無し。オールインワン特有のモロモロも出ず、ストレスフリーで使えるのも魅力です。7つの無添加で、お肌にも優しい処方なので、肌質問わず使えます。

パーフェクトワン モイスチャージェル

  • 容量:75g(約1ヵ月分)
  • 初回:2,052円

20代の愛用者も多数!幅広い世代が支持するオールインワン化粧品

累計販売数4,000万個を超えるパーフェクトワンは、20代の愛用者も非常に多いのが特徴です。スッと浸透して、サラっと仕上がるので、仕事で多忙なときでも超時短ケアが出来ます。

7種のコラーゲン配合で、保湿はしっかり出来るし、国産和漢植物の紫紺エキスが、ストレスで荒れがちなお肌を整えてくれます。幅広い年齢層に愛されるのも納得の優秀なオールインワン化粧品です。

バランシングゲル

  • 容量:150g(約2ヵ月分)
  • 初回:3,725円

プロテオグリカンの濃厚保湿が魅力!

オールインワンとは思えない、濃厚でコクのある使用感が特徴のバランシングゲル。保湿力の理由は、ヒアルロン酸以上の保水力を持つプロテオグリカンを配合しているから。

濃厚なゲルですが、重た過ぎることもなく、スルスルと伸びてくれるテクスチャー。ゲル自体がラメラ構造になっているので、浸透力も抜群です。乾燥肌に悩んでいる方に、心強いオールインワン化粧品です。

プラセンタジュレ

  • 容量:150g(約2ヵ月分)
  • 初回:2,980円

プラセンタメインのオールインワン化粧品ならコレ

国産の馬プラセンタに加え、サイタイエキス、馬油を主成分にしているのが、このプラセンタジュレです。オールインワン化粧品の中でも、低価格の商品ですが、保湿力は十分にあります。

美白やエイジングケアに定評のあるプラセンタを、オールインワン化粧品で補いたいという方におすすめ。モチモチっとした肌に仕上がるのが魅力ですが、若干皮膜感があるので、好みが別れそうなのが難点です。

リメイ オールタイムジェルパック

  • 容量:100g
  • 初回:2,400円

アットコスメのオールインワン化粧品部門で1位

超速浸透と速乾性で、一瞬でスキンケア出来て、しっとりサラサラ肌。即メイクOKという超時短ケアで人気のオールインワン化粧品です。

@コスメで1位獲得の実績があり、インスタでも話題。そのほか、美容雑誌等でも数多く掲載されています。オイルフリーでサッパリ軽い使い心地のうえ、保湿力も高いので、非常に使い勝手が良いのが魅力です。

ViTAKTバランシングウォータージェル

  • 容量:120ml(約2ヵ月分)
  • 初回:1,800円

敏感肌の毛穴対策に!天然オールインワン美容ジェル

シンプルな処方で敏感肌の毛穴対策がケア出来る、91%天然由来成分のオールインワン化粧品です。アットコスメでの評判も良く、ボトルデザインもオシャレなので、20代女性から支持されています。

天然セラミドに加え、ヒアルロン酸の3倍の保湿力を誇るサクラン。細胞を修復するタンパク質、ヒートショックプロテインをサポートする成分が配合されているのが特徴です。

オールインワン化粧品を愛用する20代の声を紹介

20代女性でオールインワン化粧品を愛用している方に、なぜオールインワンなのか。使ってみてどうだったか。どの製品を使用しているのかなどを聞いてみました。

友達に勧められて使い始めたのですが、オールインワン化粧品にしてすごくお肌がキレイになりました。

それまでは、化粧水、美容液、クリームと揃えてスキンケアしてたのに、今ほど満足な効果は得られてませんでした。

いつまでお肌がキレイな状態でいられるかは分かりませんが、何かトラブルが起こるまでは、オールインワン化粧品を使うつもりでいます。

愛用のオールインワン化粧品:メディプラスゲル

友達の家に泊まったり、旅行したりが多いのですが、オールインワン化粧品は持ち運びがホントに便利です。ライン使いだと、どうしても荷物多くなるし、詰め替えたりするのも面倒だし。

ケアするのも楽だし、それでいてちゃんと保湿も出来て、お肌モチモチになります。全然不満なところがないので、逆にラインで揃える理由ってなんだろう?って感じです。

愛用のオールインワン化粧品:バランシングゲル

20代のお肌の特徴とスキンケアのポイント

20代は、お肌の新陳代謝が活発で、ハリツヤのあるお肌をしている方が多い年代です。この年代で最も多いお肌のトラブルは、「濃いメイク」と「強刺激なクレンジング剤」によるお肌のトラブル。

濃いメイクをすると、自然とクレンジング剤もお肌への刺激が強いものを使わざるを得ません。どちらもお肌への負担が強く、肌荒れや皮膚の乾燥など、お肌へのトラブルを引き起こしやすくなってしまうのです。

お肌に負担をかけないスキンケアを心がける

トレンドのメイクを追い求めるのは良いのですが、それが肌の負担となり得ることを忘れてはいけません。

20代は若さという武器で、大きなトラブルにならなくても、30代、40代になったときに、ツケを払うことになります。

将来のお肌のことを考えて、なるべく肌に負担のかけないメイク、スキンケアを心がけていきましょう。

特別なケアより紫外線対策を徹底する

特別なケアよりも優先したいのが「紫外線対策」です。日焼けをしても、すぐに元に戻る方が多い年代ですが、だからといって日焼け止めを塗るのをサボっていると30代以降のお肌がボロボロになってしまいやすいので要注意。

日焼け止めを塗り、UV効果のあるコスメを使うなどして日頃から紫外線対策を行いましょう。

オールインワン化粧品のトップページへ

ページの先頭へ