30代におすすめのオールインワン化粧品

30代のオールインワン化粧品の選び方のポイント

女性ホルモン分泌のピークが過ぎ、お肌のコラーゲンやヒアルロン酸なども減少し始める30代。ちょっと無茶しても大丈夫だったのが、ダイレクトにお肌に響いてくる年代です。

スキンケアは保湿だけでなく、エイジングケア成分にも注目しながら選んでいきましょう。

  • 30代のお肌にオールインワン化粧品が適している理由
  • エイジングケア効果のある成分に注目して選ぶ
  • 30代お肌の悩み別におすすめの美容成分
  • 無添加、低刺激のお肌に優しい処方のものを選ぶ
  • プチプラのオールインワン化粧品は中途半端

30代のお肌にオールインワン化粧品が適している理由

  • 数十種類の美容成分が凝縮されているから、複合的な肌の悩みにまとめてアプローチできる
  • 仕事や家事、育児で忙しい方でも、無理なくスキンケアできる
  • 無添加処方のものが多いので、お肌への負担が少ない
  • ライン使いに比べて金銭的にも負担になりにくい

30代はお肌の悩みが一気に増え始める年代です。お肌の乾燥や肌荒れ、シミ、シワ、毛穴の目立ち、くすみ、たるみなどなど。

そんな30代の肌トラブルを、まとめてケアしていくためには、数多くの美容成分が必要になります。

オールインワン化粧品であれば、数十種類の美容成分がギュッと凝縮されているから、複合的な肌トラブルに、ひと塗でアプローチできるのが魅力です。

エイジングケア効果のある成分に注目

30代は水分だけでなく、ある程度油分も補いたくなる年代です。特に乾燥肌の傾向があるなら、コクのあるオールインワン化粧品を選ぶことが大切になります。

また、お肌の衰えに対応するために、エイジングケアのための美容成分を補っていくと効果的です。

30代になったら重視したい成分

  • セラミド
  • プラセンタエキス
  • レチノール
  • 甘草エキス
  • プロテオグリカン

これらの成分はコラーゲンを増加させる働きを期待できるため、年齢とともに失われやすいハリ・ツヤ・潤いをカバーしてくれます。

30代お肌の悩み別におすすめの美容成分

保湿を心がければよかった20代とは違い、30代はシミ、シワ、ハリ、弾力などを改善するためのエイジングケア成分が配合されているものを選ぶことが大切です。

どのような成分が、どんな肌トラブルに効果的なのかを把握して、効率的にスキンケアしていきましょう。

セラミド

肌の角質層に存在する成分で、30代から急激に減少を始めます。

セラミド不足は、肌の乾燥をもたらすだけでなく、バリア機能を低下させ、敏感肌の原因にもなります。30代以降、スキンケアから積極的に補いたい成分の1つです。

プラセンタエキス

EGFやFGFといったグロースファクター(成長因子)を含み、肌のターンオーバー。また、厚生労働省から美白有効成分としても認可されています。

美肌に大切なアミノ酸もバランスよく含有しているなど、とても心強いエイジングケア成分です。

ビタミンC誘導体

美白成分として知られるビタミンC誘導体は、30代から増えてくるシミやくすみの悩みに効果抜群です。

ビタミンC誘導体は水溶性や油溶性のものなど、種類がとても多いため、どんなビタミンC誘導体が配合されているのかチェックしてから購入しましょう。

レチノール

レチノールはビタミンAの一種です。抗酸化作用があるほか、ターンオーバーの促進。線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンやエラスチンの産出を促す働きなどがあります。

エイジングケアに嬉しい効果がある反面、人によっては刺激を感じる場合も。初めて使用する際は、パッチテストをしたり、高濃度のものを避けて選ぶようにしましょう。

プロテオグリカン

ヒアルロン酸以上の保水力を誇り、肌内部のコラーゲン、ヒアルロン酸の産生を促進。さらに、EGF様作用もあることから、注目されている美容成分です。

甘草エキス

グリチルリチン酸2Kなど、抗炎症作用のある成分です。30代になってからの肌荒れやニキビなどのケアにおすすめ。

また、プラセンタなどの美白成分と組み合わせることで、シミのケアにも効果的です。

30代のお肌は非常に変わりやすいため、どんな肌トラブルに、何の成分が有効なのかを把握しておくと、効率よくスキンケアを行うことが出来ます。

無添加、低刺激のお肌に優しい処方のものを選ぶ

30代からは、肌内部のセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸が減少していくので、20代の頃よりもお肌が弱くなりがちです。

これまで敏感肌とは無縁だった人も、アルコールや保存料、着色料(特にタール系色素)、合成香料などが、肌トラブルを招く可能性もあります。

オールインワン化粧品であれば、無添加処方にこだわっているものも多いため、なるべくお肌に優しいものを選び、負担にならないようにすることも大切です。

プチプラのオールインワン化粧品は中途半端

20代まではプチプラコスメでも何とかなったかもしれませんが、30代のお肌へのスキンケアとしては、あまりオススメできません。

美容成分の配合量が少ないことが多く、使われている成分も限定的です。保湿だけなら出来るかもしれませんが、本格的にエイジングケアをしていきたいなら、物足りなさは否めません。

オールインワン化粧品であれば、2,000~5,000円ぐらいの価格帯が平均なので、このあたりの価格のものを選べば、大きくハズレを引くことはないでしょう。

30代におすすめのオールインワン化粧品ランキング

2018年8月9日更新

パーフェクトワン モイスチャージェル

  • 容量:75g(約1ヵ月分)
  • 初回:2,052円

50種類もの美容成分を配合!コレ1つで様々な悩みをケア

新日本製薬の独自技術によって、選び抜いた成分を、お肌が必要とするところに届けられるのが魅力のオールインワン化粧品。累計販売数4,000万個以上の超人気アイテムです。

30代から急激に減少をはじめるコラーゲンを、全部で7種類も配合。他にも、トラブルを起こしがちな年齢肌をケアする紫根エキスなど、お肌の変わり目を感じる30代に嬉しい成分が凝縮されています。

メディプラスゲル

  • 容量:180g(約2ヵ月分)
  • 初回:2,996円

手軽なのに本格的!30代のエイジングケアに最適

セラミド、プラセンタ、ヒアルロン酸など、30代のエイジングケアに欲しい成分が凝縮。それでいて、1ヶ月あたり2,000円を切る価格なので、コスパは抜群です。

軽めの使用感でいて、保湿力も持続力も十分。浸透も早く、ベタツキも無しと、ストレスフリーで使えます。時短、手軽に。それていて、年齢肌のケアもしっかり行いたいという、わがままに応えてくれるのがメディプラスゲルの魅力。

バランシングゲル

  • 容量:150g(約2ヵ月分)
  • 初回:3,725円

3種のセラミドとプロテオグリカンの強力保湿が魅力

乾燥、ハリ・弾力の低下が気になる30代のお肌を、プルプルに潤してくれる保湿力が魅力のバランシングゲル。

3種類のセラミド(1、3、6II)と、保水力が抜群に高く、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸の産生をサポートしてくれるプロテオグリカンを配合したオールインワン化粧品です。

ホワイトニングリフトケアジェル

  • 容量:60g(約1ヵ月分)
  • 初回:3,795円

オールインワン化粧品でシミ・美白対策するならコレ!

メビウス製薬が手がける医薬部外品のオールインワンジェルが、このホワイトニングリフトケアジェル。薬用美白成分として高濃度配合されているプラセンタエキスが、メラニンの生成を抑え、シミを予防してくれます。

シミへの働きが、医学雑誌に掲載された実績もあるので、信頼度も抜群です。美白で注目されているオールインワンジェルですが、保湿力も高く、1つ10役と万能に使えるのも魅力です。

ローヤルゼリーもっちりジェル

  • 容量:75g(約1ヵ月分)
  • 初回:912円

新配合のナールスゲンが大人肌の悩みをケア

京都大学と大阪市立大学が研究・開発するエイジングケア成分「ナールスゲン」を中心に、全部で52種類の美容成分を凝縮。実感がしにくくなっている大人肌に感動を与えてくれるオールインワン化粧品です。

クリームのような濃厚な使用感は、酷い乾燥肌で悩んでいる方にも最適。30代からしっかりエイジングケアをしていきたい方にオススメです。

リペアジェル

  • 初回トライアル:1,980円

100%美容成分で出来たオールインワン美容液

30代からしっかりとエイジングケアをしていきたいなら、このリペアジェルがおすすめ。独自のビタミンCとアミノ酸生命体は、その働きが何度も医学誌に掲載された実績があります。

水を1滴も使用せず、100%美容成分。そして100%植物成分から作られた美容液は、非常に濃厚。手持ちの化粧水で、好みの濃度に調整する独特な使い方が特徴です。現品価格は高めですが、値段に見合う優秀なオールインワン美容液です。

コンシダーマル

  • 容量:50ml(約1ヵ月分)
  • 初回:2,268円

100%ラメラ構造を再現!自ら潤う肌を目指す

皮膚臨床薬理研究所の持つ特許技術ラメラテクノロジーによって、肌のラメラ構造を100%再現した世界初のオールインワン化粧品。肌を構成する成分を中心に、EGF、セラミド、プラセンタなどのエイジングケア成分を配合しているのが特徴です。

オールインワン化粧品を愛用する30代の声を紹介

30代女性でオールインワン化粧品を愛用している方に、なぜオールインワンなのか。使ってみてどうだったか。どの製品を使用しているのかなどを聞いてみました。

育児が忙し過ぎたので、手間のかからないオールインワン化粧品に替えました。

1日2回、洗顔後にパっと塗るだけのケア。手抜き感はありますが、これを続けているのに、大きな肌トラブルが無いのは、オールインワン化粧品のお陰だと思っています。

あと、定期購入は嫌いだったのですが、毎月自動で送られてくるのは、やっぱり楽ですね。切らす心配も無いし、買いに行く手間も省けるので、実際助かっています。

愛用のオールインワン化粧品:パーフェクトワン モイスチャージェル

20代のころは基礎化粧品やコスメにバカみたいにお金を費やしてきましたが、そういう無駄遣い?が出来なくなったので、コスパが良いって言われてるオールインワン化粧品にしました。

実際、化粧品にかかるコストは半分以下になりましたが、スキンケアの質が落ちたようには感じません。

ただ、容器の可愛さや高級感という面では劣るので、所有する楽しさ的なものはありません。

愛用のオールインワン化粧品:ホワイトニングリフトケアジェル

30代のお肌の特徴とスキンケアのポイント

仕事や家事などのストレスに加え、女性ホルモンの分泌が不安定になりがちなので、お肌が弱まり、刺激に対して敏感になってくるのが30代の特徴です。

AHA(フルーツ酸などの総称)配合のアイテム

オールインワン化粧品にプラスして使いたいのが、ピーリング効果のあるAHA配合のアイテム。

新陳代謝の低下によって、古い角質が溜まりやすくなるので、定期的にピーリングすることで、ターンオーバーを正常に整え、お肌のくすみを防ぐことが出来ます。

なるべく低濃度のAHAピーリング石鹸がおすすめです。

ホルモンバランスを崩さない生活を心がける

美容全般に関わる女性ホルモンの分泌が、30代から衰え始めるため、分泌を妨げない生活を心がけることが大切です。

ホルモンバランスが乱れると、その影響はお肌にダイレクトに現れてきます。これまでは気になりにくかった紫外線。タオルや化粧品による摩擦といった外部刺激に対する防御力も弱まり、あらゆるお肌のトラブルに敏感になりやすいです。

なるべく生活リズムを崩さないようにしつつ、睡眠時間の確保。バランスの良い栄養を摂るようにしましょう。また、腸内環境を整えておくこともお肌のバリア機能を高められることにつながります。

新陳代謝を高めてくすみ対策をしよう!

この年代になると、「くすみ」が気になる方も増えてきます。自分のくすみタイプを知り、適切なケアを行いましょう。

血行不良のくすみの場合

肌色が悪い…という場合は、血行不良が主な原因です。顔色の悪さが目立つ時は、保湿成分が入ったクリームでお顔をマッサージするのがおすすめ。また、半身浴や適度な運動も血行促進に効果的です。

不要な角質由来のくすみの場合

角質が目立つ場合は、ターンオーバーが乱れていることが原因です。血流の促進も効果的ですが、ピーリングを週1回程度行い、その後の保湿を徹底して行うことで改善されやすくなります。

オールインワン化粧品のトップページへ

ページの先頭へ