オールインワン化粧品を容器のタイプで絞り込む

使いやすさや持ち運びのしやすさ、衛生面などを左右する「容器」に注目してオールインワン化粧品を絞り込んでみました。ジャー容器、ポンプボトル、エアレスボトル(真空容器)、チューブタイプの特徴を見ていきましょう。

オールインワン化粧品を容器の形状だけで選ぶ人は少ないと思います。

でも、例えばジムに持っていく。出張や旅行に便利なやつが欲しい。敏感肌だからなるべく清潔に使いたい。そんな方は、容器でオールインワン化粧品を絞り込んでみて下さい。

ジャー容器のオールインワン化粧品

オールインワン化粧品では、最も一般的なのがジャー容器です。

蓋を開けると、内蓋の上にセットされているスパチュラで、ジェル(ゲル)をすくい取って使用します。

ポンプボトルにはしづらい、濃厚なクリームのようなオールインワン化粧品にも対応できるなど、テクスチャーに左右されないのがジャー容器の特徴です。

どんなシーンでも使いやすいですが、スパチュラの扱いが面倒だったり、容器に水が入ってしまったりと、清潔面では他の容器に少し劣る部分もあります。

ジャー容器(内蓋あり)

ジャー容器(内蓋なし)

ジャー容器(内蓋なし/スパチュラなし)

ジャー容器で人気のオールインワン化粧品

当サイトで人気No.1の、ジャー容器採用のオールインワン化粧品がこちら。

トリニティーライン ジェルクリームプレミアム

大正製薬グループが開発するオールインワンジェルです。水を1滴も使わず、美容成分95%以上という濃厚な美容成分が魅力。オールインワンジェルで本格的なエイジングケアが可能です。

ジャー容器を採用していて、内蓋あり、スパチュラ付属です。

ポンプボトルのオールインワン化粧品

ジャー容器の次に多いのがポンプタイプの容器です。ポンプをプッシュするだけでジェルを手に取ることが出来ます。

最後まで清潔に使え、毎回一定の量を出せるのが、ポンプボトルの魅力です。

ただし、出張や旅行などで、化粧品を持ち運ぶことが多い方は、キャップの有無は要チェック。また、ポンプボトルの場合、1本で2ヵ月分の大容量ボトルもあり、持ち運びには適さないものもあります。

ポンプボトル(キャップ有り)

ポンプボトル(キャップ無し)

ポンプボトルで人気のオールインワン化粧品

当サイトで人気No.1の、ポンプボトル採用のオールインワン化粧品がこちら。

メディプラスゲル

通販オールインワンゲルで圧倒的な人気を誇るメディプラスゲル。累計販売本数はすでに1,000万本を超える実績です。低価格でありながら、全66種類の美容成分を凝縮したコスパの高さが魅力。

大容量ポンプボトル採用。1本180g(約2ヵ月分)。キャップは無し。

エアレスボトル(真空容器)のオールインワン化粧品

エアレスボトルはポンプボトルに近いですが、空気に触れない真空容器です。

菌の繁殖を抑えられ、美容成分の酸化も防げるため、最後まで新鮮な状態を保てるのが魅力。また、清潔に使えるうえ、液漏れの心配も無いため、持ち運びしやすいのも特徴です。

ただし、エアレスボトルを採用している製品は多くないため、選択肢が少ないのが残念。

エアレスボトル

エアレスボトルで人気のオールインワン化粧品

当サイトで人気No.1の、エアレスボトル採用のオールインワン化粧品がこちら。

リ・ダーマラボ モイストゲルプラス

濃紺のスタイリッシュなエアレスボトルを採用しているリ・ダーマラボのモイストゲルプラスです。美容皮膚科医監修で、セラミドを6種類配合する贅沢処方が魅力。軽い使用感なのに保湿力は抜群です。

エアレスボトル(真空容器)採用。キャップ有りで、持ち運びに便利。

チューブボトルのオールインワン化粧品

ポンプ式のボトルのように、片手でジェルを取り出すことは出来ませんが、ジャー容器と比べて清潔に使えるのが魅力。持ち運びもしやすいです。

ただし、中身は清潔に保てますが、チューブ本体や蓋の内側が汚れやすいのが、チューブボトルの難点です。

また、チューブの中が見れないので、残量の確認がしづらいこと。最後の方は絞り出すようにして、ジェルを出さないとならないので、それが少し使いにくいと感じることもあります。

チューブボトル

チューブボトルで人気のオールインワン化粧品

当サイトで人気No.1の、シズカゲル採用のオールインワン化粧品がこちら。

ローヤルゼリーもっちりジェル

ジャー容器とチューブ容器とが用意されているので、好みあわせて選べます。ローヤルゼリーをはじめ、ナールスゲンなど年齢肌に嬉しい成分が凝縮。クリームのようなテクスチャーで保湿力も高いです。

リンク先の口コミはジャー容器ですが、中身はチューブも同じです。

容器の詰め替えは止めた方がいい

オールインワン化粧品の製品数としてはジャー容器が圧倒的に多いため、「ポンプボトルに詰め替えて使用している」という人も中にはいるようです…。

しかし、数日分の旅行用ならまだしも、そうでないなら、むやみに詰め替えるのは止めた方がいいです。

  • 衛生面での不安
  • 空気に触れることで酸化を促進

容器を煮沸洗浄して、アルコールで拭いて、ジェルを吸い上げるスポイトを使用して…。毎回そこまでやるのは手間ですし、それでも衛生面で完璧かというと、そうではありませんよね。

また、ビタミンC誘導体のような酸化しやすい成分への悪影響もあります。

ポンプボトルで使いたいなら、やはり最初からポンプボトルで販売されているオールインワン化粧品を選ぶようにしましょう。

シーンによって使い分けている人も

  • 慌ただしい朝はポンプボトル
  • 夜は落ち着いてケアできるのでジャー容器
  • 出張やジムには、エアレスボトルのものを持っていく

忙しい朝に、ジャー容器の蓋を外して、内蓋を取って、スパチュラですくって…という手間は若干のストレス。だから、朝は1プッシュするだけでケアできちゃうポンプボトルが最適です。

夜は落ち着いてスキンケア出来るので、容器で選ばず、お気に入りのオールインワン化粧品でばっちりケア。

そして、ヨガやジムなどのシャワー後の保湿には、エアレスボトルのオールインワンゲルが便利です。

このように、生活シーンに合わせて、使い分けているという強者もいるので、ご自身の生活スタイルに合わせて、使いやすい容器のオールインワン化粧品を選んでみて下さいね。

オールインワン化粧品のトップページへ

ページの先頭へ